スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「住民のつながり薄く解決困難に」世田谷一家殺害、遺族が地域連携訴え(産経新聞)

 平成12年に東京都世田谷区で発生した一家殺害事件の遺族、宮沢良行さん(81)が23日、東京都千代田区で講演し、「住民の繋がりが薄くなり、事件解決が難しくなっているのではないか」と、地域の連携の重要性を訴えた。

 宮沢さんは事件当時について「捜査員に質問されるばかりで、何が起きたかまったく分からなかった」と振り返り、「地元警察と聞けば被害者にも親近感がわき、捜査がスムーズに進むのでは」と指摘した。

 一方、殺人罪などの公訴時効撤廃を盛り込んだ刑法と刑事訴訟法の改正案が近く成立する見通しとなったことについて、宮沢さんは報道陣に「一日も早く時効を撤廃して絶対に犯人を捕まえてほしい」と訴えた。

 講演会では、8年に上智大生の二女を殺害された小林賢二さんが「私たちの苦しみを皆様が味わうことがないよう社会の安全活動に努めたい」とのメッセージを寄せた。

 宮沢さんと小林さんは、殺人事件の遺族らでつくる「宙(そら)の会」で、時効撤廃運動に取り組んできた。講演は、警視庁神田署が主催した。

【関連記事】
世田谷一家殺害なども時効廃止の可能性
世田谷一家殺害から丸9年 刑事部長が献花
世田谷一家殺害、犯人は南欧系混血か DNA型分類で絞り込む
無念…母子3人殺害の遺族 判決前に死去 静岡・焼津
弟の娘殺害容疑で再逮捕 愛知・豊川の一家殺傷事件
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

<口蹄疫>1週間さかのぼり調査へ 農水省(毎日新聞)
徳之島「構想」より緻密な提案を…米国務次官補(読売新聞)
「引きこもり」「在日」にも障害者福祉は必要―12団体が新制度へ要望(医療介護CBニュース)
水陸両生 ガの幼虫 ハワイ大研究グループ発見(産経新聞)
前原氏の辞意を否定=政府高官(時事通信)
スポンサーサイト

橋下“維新の会”自殺行為か新たな自治か…重い一石(産経新聞)

 新川達郎・同志社大学大学院教授(地方自治論)の話

 橋下徹知事の発言は、ときに行き過ぎて(自ら)訂正することもあるが、一貫して世間の関心を集める議論を巻き起こし、落としどころを探る手法を取っている。大阪府と大阪市の関係を組み立て直すという地域政党「大阪維新の会」の動きも、そうした観点が感じられる。

 府と市町村の関係を変える目的で、政治集団をつくるのだから、府議会だけでなく市議会も取り込もうというのも合理的な判断。各議会の自主性を失わせるのではないかという指摘もあるだろうが、この行動は地方制度のあり方を考えるうえで、重い一石を投じることになるだろう。

 「大阪都構想」は50~60年前から何度も繰り返されているテーマで、終戦直後にも「大阪商工都」案という都制案が提示されたこともあった。一方、大阪市も大阪府から離脱する案を繰り返し提示している。

 従来の議論は首長や各議会がばらばらに主張をしていただけだったが、今回はそれらをまたいだ政治集団ができ、提案に重みがつくといえる。

 しかし、新党の政策はまだ途中段階で、プランを深め、公約をつくるという作業はこれからになる。これから丁寧な議論ができるかどうかで新党の真価が問われる。

 新党の政策はあくまで議論のテーマとして捉えるべきものだ。今後、これをまったく変えないということではなく、内容をきちんと問い直す必要があるからだ。

 一方、議員に期待されているのは、住民代表として首長とは異なる視点でよりよい決定をすることにある。仮に、知事の言うことを、議員がオウム返しのように賛同して唱えているのだけの集団ができるのなら、議会機能を失うことにもなりかねない。

 もし、今回、橋下知事人気をあてこんで選挙めあてや数合わせの集団ができたのなら、それは議会政治の自殺行為だろう。しかし、首長、議員が参加する自治体をまたいだ政策議論がきちんとできるのなら、それは新たな自治のあり方を提示する可能性にもなる。どちらになるのかは、今後の大阪維新の会の活動にかかっている。

【関連記事】
橋下新党旗揚げ「大阪府域内で大戦争となる」
知る人ぞ知る大阪情報“発信基地”「大阪名品喫茶 大大阪」
橋下新党に戦々恐々「黒船が来た」と政令市議
橋下府知事、「舛添新党」応援は大阪のためになるかで判断
橋下知事、大阪市長選出馬も 府・市再編で
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

<八幡浜漁協>女性職員が顧客定期7000万円分を無断解約(毎日新聞)
オートバイ突っ込み歩行者4人負傷 東京・赤羽(産経新聞)
「概算要求で個別提言できれば望ましい」―民主・介護議連会長(医療介護CBニュース)
大和ハウス奈良工場で火災=けが人なし(時事通信)
小沢氏、支持率「関係ない。当たったことねぇもん」(スポーツ報知)

「無駄の排除が先」 鳩山首相、消費税増税に否定的(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は15日夜、仙谷由人国家戦略担当相が消費税率引き上げの必要性に言及したことについて、「私が了解している話ではない。国民から見て『まだ(税金の)無駄(遣い)があるじゃないか』と(思われている)。無駄を徹底的に排除するまで消費税を上げる議論は国民に納得していただけない」と、否定的な考えを示した。

 仙谷氏は産経新聞の取材に「消費税を含め税収(アップ)を図る税制改革が必要なのは間違いない」と述べ、平成23~25年度予算の「中期財政フレーム」に消費税率引き上げを明記することを検討する意向を表明。民主党内から「参院選にマイナスだ」(高嶋良充筆頭副幹事長)との反発が出ている。

【関連記事】
日本医師会の新会長が消費税増提案も、出席議員の反対で即撤回
消費税増税論議スタートも、思惑隔たり方向感定まらず 政府税調
亀井金融相 「消費税は上げません」と断言
消費増税を次期衆院選の争点に 仙谷戦略相
鳩山政権が増税路線に転換? 財務省の思惑チラリ
外国人地方参政権問題に一石

雑記帳 「エゾヒグマ館」公開へ 札幌(毎日新聞)
<おじさん犬>警察犬試験に挑戦3度目 実はあがり性(毎日新聞)
海洋堂が原型「せんとくんフィギュア」平城遷都1300年(産経新聞)
阿久根市長ブログ「カネに汚い例」裁判官批判(読売新聞)
<平野官房長官>仙谷氏を批判 衆参同日選発言(毎日新聞)

<大江健三郎賞>中村文則さんの長編小説「掏摸(スリ)」に(毎日新聞)

 第4回大江健三郎賞(講談社主催)が作家、中村文則さん(32)の長編小説「掏摸(スリ)」(河出書房新社)に決まった。ノーベル賞作家の大江さんが昨年1年間に刊行された文学作品から一人で選考。受賞作は翻訳され、世界に紹介される。選評は7日発売の文芸誌「群像」5月号に掲載される。

<準強姦容疑>知的障害者に暴行、生活支援員を逮捕 千葉(毎日新聞)
新党 「たちあがれ日本」発足へ 平沼元経産相が代表就任(毎日新聞)
「県外移設」切り札徳之島 住民、町長、知事に「総スカン」(J-CASTニュース)
JR不採用の解決案、原告団側に提示(読売新聞)
地球環境大賞、川崎重工に大賞授与 「温暖化、人類が英知結集し解決」長谷川社長(産経新聞)

クラゲ展示 ノーベル賞の下村さん、山形県の水族館訪れる(毎日新聞)

 オワンクラゲから発見した「緑色蛍光たんぱく質」(GFP)で08年にノーベル賞を受賞した米ウッズホール海洋生物学研究所特別上席研究員の下村脩さん(81)=米国在住=が2日、クラゲ展示で知られる山形県の鶴岡市立加茂水族館を訪れ、一日館長を務めた。

 村上龍男館長から贈られたベニクラゲ模様のネクタイを締めた下村さんは、妻明美さん(74)と30種のクラゲを見学。緑色に輝くオワンクラゲに「光り方は弱いが、グリーンがはっきりわかる」と目を細め、「展示内容は想像以上。非常に難しい繁殖がうまくいっている」と絶賛した。

 クラゲ展示のヒットで、倒産の危機を乗り越えた加茂水族館。労をねぎらわれた村上館長は「ノーベル賞効果で増えた入場者数を計算したら5万4000人だった。直接お礼が言えるなんて、夢の中でも見られない夢」と感無量の様子だった。【長南里香】

【関連ニュース】
脂肪燃焼ホルモン:運動と同様の効果 東大チームが検証
雑記帳:クラゲの水族館、来館者数がV字回復 山形・鶴岡
サリドマイド:奇形引き起こす仕組み解明 東工大と東北大
かながわ遊ナビ:ランドマークタワー空中庭園 カラフルな光と海の生物展示 /神奈川
脂肪燃焼ホルモン:運動同様の効果 東大チームが実証

老人ホームの軽自動車衝突、93歳と81歳死亡(読売新聞)
裁判員制度「裁判良くなった」59%…読売調査(読売新聞)
名張毒ぶどう酒事件 惨劇の公民館すでに撤去(毎日新聞)
与謝野氏が自民離党届=谷垣総裁に提出(時事通信)
岡田外相、核軍縮で主導できず不満 会見質問ゼロにすね気味 G8外相会合(産経新聞)

とっさの救命措置 駅員らに感謝状 千代田区のJR有楽町駅(産経新聞)

 千代田区のJR有楽町駅で、心肺停止状態になった男性(52)に救命処置を実施したとして、東京消防庁丸の内消防署は31日、駅員の男性ら4人に消防総監感謝状などを贈った。

 感謝状が贈られたのは、有楽町駅員の小林大輔さん(30)、警視庁丸の内署の山内正彦巡査長(27)、警備員の苅宿誠さん(26)。また、丸の内消防署の今井忠一消防司令長(60)には、消防総監賞が贈られた。4人は26日、連携して人工呼吸や自動体外式除細動器(AED)を使って、男性の呼吸を回復させた。

<大丸東京店>12階の店から煙 客ら300人が一時避難(毎日新聞)
<名古屋市役所>新規採用587人に辞令交付(毎日新聞)
鬼太郎宝くじ1日発売、漫画主人公登場は初(産経新聞)
政令市・相模原スタート、全国19番目…神奈川(読売新聞)
政党機関紙配布 旧社保庁職員に逆転無罪 東京高裁判決(毎日新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。