スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新型インフル 毒性応じ対策 国が総括(産経新聞)

 新型インフルエンザ対策を検証していた国の総括会議は8日、「毒性などに応じた対策を複数用意すべきだ」などとする報告書をまとめた。

 報告書は厚生労働大臣に報告し、秋以降の再流行や今後の感染症対策に生かす。

 報告書では諸外国に比べて致死率が低かったことなどから、「死亡率を少なくするという当初の目標はおおむね達成できた」と総括。その上で、(1)広報(2)水際対策(検疫の強化など)(3)休校措置(4)サーベイランス(病原体の監視)(5)医療体制(6)ワクチン-の各テーマごとに反省点や課題を指摘した。

 過剰だったとして批判の多かった水際対策については、「科学的根拠は明らかでない」と評価は行わず、「機動的に縮小が可能となる基準を策定すべきだ」とした。一方、感染拡大防止のために行った学校の休校措置については「効果はあったと考えられる」と評価した。

 このほか、専任のスポークスマンの設置▽ワクチンの集団接種の検討▽都道府県ごとの医療体制の確立-なども提言された。

                   ◇

【新型インフル対策への報告書骨子】

・毒性などに応じた複数の対策の用意

・感染症対策を担う専門組織の強化


・専任のスポークスマンの設置と広報の一元化

・水際対策を縮小するための基準の策定

・都道府県ごとの医療提供体制の確立

・ワクチンの集団接種の検討

・ワクチン生産体制の強化

「参院選に政治生命かける」谷垣氏が決意(産経新聞)
税務署ミス、実は課税対象 大阪の3法人修正申告(産経新聞)
「はやぶさ」帰還を絶賛=蓮舫行政刷新相(時事通信)
シャッター大手に課徴金計55億円=価格カルテル、排除命令も―公取委(時事通信)
<窒息死>歯治療中の2歳女児、のどに脱脂綿詰まり 埼玉(毎日新聞)
スポンサーサイト

<鳩山首相退陣>新首相「初仕事」は支持率回復 参院選結果、進退に直結(毎日新聞)

 新首相は就任から1カ月強で、7月11日投開票予定の参院選を迎える。「鳩山首相のまま突入すれば惨敗必至」との認識が党内に広がったことが鳩山降ろしの背景となっただけに、参院選での勝敗は新首相の進退にも直結する。

 敗北して野党が参院で多数を占めた場合、末期の自公政権が苦しんだ「ねじれ」状態が再現され、政権運営が難航するのは必至。さらに新首相が敗北後も居座れば、07年の参院選後の安倍晋三首相(当時)の続投を民主党が攻撃したように、「直近の民意に従うべきだ」との批判を浴びるのは確実だ。

 一方、50議席以上を確保したり、改選第1党となるなど一定の成果を挙げれば、「本格政権」となる可能性が出てくる。多数を握る衆院の任期満了(2013年夏)まで国政選挙を経ずに政権運営に専念できるためだ。

 このため、新首相の最初の仕事は支持率回復となる。しかし、選挙までの期間が短いため、組閣や党役員人事で清新さを演出する以外には手段を見いだしにくい。

【関連ニュース】
社説:鳩山首相退陣 民主党は猛省し出直せ
民主代表選:4日にも新内閣誕生 菅氏有力、枝野氏ら支持
鳩山首相退陣:「幹事長にも身を引いてもらいたい」
鳩山首相退陣:挫折から光明を
発信箱:「鳩山辞任」の予言当たる=布施広(論説室)

「日本は反対運動を無視」=シー・シェパード元船長―東京地裁(時事通信)
日米会談 両国防衛相、緊密な連携で一致(毎日新聞)
尖閣諸島は日本の領土=首相発言を修正―岡田外相(時事通信)
【小鳩退場】「次の首相いない」「国民の恥」(産経新聞)
柔道女子高生、技あり 明石・強盗未遂 男の携帯番号聞き出す(産経新聞)

<新党改革>衆院小選挙区制見直しを提言 舛添代表(毎日新聞)

 新党改革の舛添要一代表は24日、名古屋市で開かれた「ミッドランド毎日フォーラム」(毎日新聞社主催)で講演し、「鳩山由紀夫さんは歴史に残る名宰相になる。2大政党による小選挙区制の政権交代がいかにだめだったかを実証した」と述べ、皮肉を交えて現行の衆院小選挙区制を見直すべきだとの認識を示した。舛添氏は「昔の中選挙区制でもかまわない。私たちがキャスチングボートを握ったら、新しい選挙制度に早急に変えることを第一に主張したい」と語った。

【関連ニュース】
新党改革代表:「舛添政治カレッジ」に16人参加
新党改革:舛添代表 新党間の選挙協力に積極的な姿勢示す
自民党:与謝野、舛添両氏を除名処分 党紀委員会
参院選:目標は1000万票集め比例で10議席 舛添代表
舛添氏:離党届を提出 矢野氏も

つぶやくスポーツ界 ツイッター戦略広がる 速報やファン獲得に活用(産経新聞)
<口蹄疫>「まずは事態終息を」種牛殺処分(毎日新聞)
不明の三男を指名手配=母親殺害容疑―兵庫県警(時事通信)
子ども向けに「食育すごろく」=大阪府高槻市〔地域〕(時事通信)
<光ケーブルカルテル>5社に排除命令、課徴金161億円(毎日新聞)

B型肝炎訴訟 長妻厚労相が原告団と面談 被害実態聞く(毎日新聞)

 集団予防接種の注射器使い回しでB型肝炎ウイルスに感染したとして、国に損害賠償を求めたB型肝炎訴訟の原告・弁護団が18日、東京都千代田区の衆院議員会館で長妻昭厚生労働相と初めて面談した。原告は、病気の不安を抱えながら生活する被害実態を説明。長妻氏は「皆さんの思いを内閣で共有させていただく」と応じた。

 原告団代表の谷口三枝子さん(60)=福岡県=は、2人の子供に母子感染させた罪悪感などから、約20年前、一度は命を絶とうと思った経験を涙ながらに説明。「私たちの苦しみを分かってください。国は一日も早く謝罪し被害者全員を救済してほしい」と訴え、早期解決を求める要請書を長妻氏に手渡した。

 面談で長妻氏は、テーブルの上でじっと手を組んで聴き入った。具体的な救済策や謝罪の言葉は無く、終了後会見した原告団からは「野党時代の長妻氏とは別人のよう」などと厳しい声も相次いだ。長妻氏は記者団に「私の発言については納得されておられなかったと思うが、裁判所の仲介の下で誠実に協議に臨みたい」と語った。【佐々木洋、鈴木直】

【関連ニュース】
B型肝炎訴訟:救済範囲、合意遠く 協議の長期化必至
B型肝炎訴訟:長妻厚労相、来週にも原告と面会意向固める
B型肝炎訴訟:救済へ、やっと一歩 和解協議入り
B型肝炎訴訟:国側、初の和解勧告受け入れ 札幌地裁
B型肝炎訴訟:弁護士や医師の卵 朗読劇で原告支援

<谷亮子さん>参院選に民主党から出馬…10日夕、表明へ(毎日新聞)
木曽三川公園 シャーレーポピー風に揺れ 愛知・一宮(毎日新聞)
<日弁連>生活保護の支給基準緩和提言 受給者に自家用車も(毎日新聞)
肝炎に感染、廃棄用の牛内臓を貯蔵・販売(読売新聞)
南ア観光、商機逃すな 現地で見本市 サッカーW杯(産経新聞)

<雑記帳>半平太の慰霊祭に60人参加 龍馬の幼なじみ(毎日新聞)

 坂本龍馬の幼なじみで土佐勤王党の盟主、武市瑞山(通称・半平太、1829~65)の命日の11日、墓所がある高知市の瑞山神社で慰霊祭があり、約60人が参加した。

 孫の谷脇睦子さん(90)=神奈川県小田原市=も参列。「祖母の話では、純粋で実直に国の改革のために命をささげた人でした」と話し、墓前に手を合わせた。

 藩政改革を目指したが投獄され、切腹した半平太。志半ばの無念さに共感するファンは「低迷する日本を立て直そう」と、龍馬ブームに負けない盛り上がりをみせた。【黄在龍】

【関連ニュース】
手鏡箱:龍馬の? 「KAIENTAI」彫られ 京都
雑記帳:龍馬も飲んだお酒再現、幕末のこうじ菌使う 長崎
坂本龍馬:橋下知事トップ イメージ最も近い政治家
千葉佐那:ドラマで注目、龍馬慕ういちずさに墓参者急増
草刈民代:寺田屋お登勢役「やらねばならぬ」 再び龍馬の“母”に 大河ドラマ「龍馬伝」

日本一の大阪ブドウ復活を 駒ケ谷地区再生へ熱い思い(産経新聞)
介護が政治に望むこと(6)「介護福祉士からキャリアアップできる専門資格を創出し、人材確保を」―介護福祉士会・石橋真二会長(医療介護CBニュース)
聴取予定の男性が自殺 横須賀男性殺害事件(産経新聞)
中畑氏「頭がサエない分、体で勝負」…たちあがれ日本、11日にも擁立正式発表(スポーツ報知)
谷川流「涼宮ハルヒの憂鬱」 兵庫・西宮 珈琲屋ドリーム(産経新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。